外構バリアフリーリフォーム

車椅子を使用している介護者の方や高齢者の方を対象とした、外構で出来る外構バリアフリーリフォームのご提案を致します。

生活に不自由のない快適環境をつくるため、手すりやスロープ工事をお勧めします。

スロープ設置

ご家族で車椅子をご使用している方や、お年寄りの方にとって、家に入る際の一番最初の問題が、家の前にある外構の階段です。

そのために、一人で上がることが出来ずにご家族の方がサポートしてあげる事になってしまいます。階段をスロープにする事で、転倒の危険も軽減し、介護者自身での生活が可能となります。

手すり設置

外構のバリアフリー工事で、安価で施工期間も短く出来る工事が手すりの取り付け工事です。特にお年寄りの方が階段を上がるときに、つかまるものが無いと、どうしても不安定になり、転倒の危険性があります。

手すりの取り付けを行うことで、事前に転倒事故を防ぎましょう。